未分類

詐欺メールやSMSのURLをクリックしてしまったら?対応策を伝授

スポンサーリンク

 

最近増えてきているのが、詐欺メールやSMS(ショートメールサービス)を利用した

詐欺メールです

 

そんな詐欺メールですが、よく分からず焦ってしまい間違ってURLをクリックして

情報を入力してしまう場合があります。

 

そんな時はすごく不安になりますよね。

 

そこで詐欺メールやSMS(ショートメールサービス)においてURLをクリックして情報を入力してしまった

場合どうしたらよいのでしょうか。

まとめてみましたので参考にしてください。

 

詐欺メールやSMSのURLをクリックしてしまった場合どうしたらいいの?

詐欺メールやSMS(ショートメールサービス)が急に届いたとき、焦ってしまい本文をよく確かめずに

本物と見間違えてしまい本文にあるURLをクリックしてしまうことがあります。

 

こういう場合、後で気づくことがあるのですがどうしたらよいでしょうか。

 

まず基本的な対応としては、こうした詐欺メールが届いた場合慌てないことが大事です。

 

そのうえで行うことがあります。

 

・ 件名や本文にあるURLをよく確認する

・ 本文をよく見て日本語としておかしい所がないかどうか、文章の内容がおかしくないか

 

を確認します。

 

最近の詐欺メールは本物と見間違うくらい精巧に作られているケースが多いので十分に注意が必要です

 

なので、まずは上記の2点をよく確認しておきます。

 

その後、件名やURL、本文にある内容の1部をコピペして検索します。

 

そうすることで他に同じメールで疑問に感じている方がいないかどうかわかります。

また、対策法を教えてくれるサイトもありますので参考にできます。

 

なので、こうした詐欺メールが届いたらすることは

 

・ 絶対に本文にあるURLをクリックしない

 

ことが大事になります。

 

万が一、URLをクリックした場合はどうしたらいいの?

もし、万が一本文にあるURLをクリックした場合どうしたらよいのでしょうか。

 

こうした場合でも慌てずに対処しましょう。

 

主な対処法は

ポイント

・IDとパスワード、暗証番号の変更をしましょう

・auのidでログインした場合は会員情報ページからパスワードの変更と暗証番号の変更

2段階認証済端末の解消を行いましょう

 

こうした対応をすることで今後の悪用を防止することができます。

 

まとめ

いかがでしたか。

 

今回は詐欺メールやSMSのURLをクリックした場合、詐欺メールが届いた場合の対処法

万が一詐欺メールのURLをクリックして情報を入力した場合やログインした場合の対処法について

まとめてみました。

 

基本はこうした怪しいメールが届いた場合

・無視をする

・放置をする

が正しい方法です。

 

万が一、URLをクリックしてもそのまま無視をすれば大丈夫です。もし、情報を入力してしまったら

IDやパスワード、暗所番号を変更しましょう。

 

それでは最後までご覧いただきましてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

yasu718

-未分類