未分類

スマートレターナビ!料金・日数・コンビニ・追跡など

スポンサーリンク

スマートレターといえば、日本郵便で取り扱いをしている配送サービスのことです。

既定のサイズでしたら、全国へ格安で送ることができ便利な配送方法です。

 

そんなスマートレターについてまとめてみました。

 

 

スマートレターとは

スマートレターとは、日本郵便が展開しているA5サイズで厚みが2cm以内のものであれば

全国一律180円という格安で送れるサービスのことです。

 

普通の郵便物とは違って180円分の切手を貼る必要はなく
スマートレター用で売られている180円の封筒を買えば
すぐにポストに投函出来ます。

 

文庫本一冊などの小物をフリマアプリ等を利用している人が
送る時などに役に立っているサービスです。

 

料金はいくら?

スマートレターは書いたように一律180円で厚み2cm以内
重さ1㎏の郵便物が送れます。

 

2015年に廃止されたクロネコメール便が185円だったのを考えると
クロネコメール便の上位互換みたいなサービスということですね。

 

しかし、クロネコメール便は封筒代が要りましたが、スマートレターは不要なので
やはりスマートレターの方が扱いやすそうですね。

 

同じく日本郵便が展開しているレターパックライトがA4サイズで3cm、
4kg以内の郵便物が360円だと考えると、名前のようにサイズも値段も
スマートなサービスのようです。

 

日数はどのくらいかかりますか?

スマートレターは全国一律180円で送れますが、届く日数は都道府県により違います。

 

東京から送った場合、愛知県でも大阪府宛でも翌日か翌々日には届くという
非常にスピーディーなサービスです。

 

しかし、午前中と午後では相手に届く日が変わって来るので
早く届いて欲しい場合には午前に送る方が良さそうです。

 

ゆうパックや宅配便と違い、スマートレターが配達されるのは
平日と土曜日のみで、日曜祝日は配達されないので
日数的に配達される日付でも日曜祝日が挟まれることにより届くのが
遅れることがあるので注意が必要です。

 

コンビニでの取り扱いは?

スマートレター用の封筒はコンビニでも購入できます。

購入できるのはローソン、ミニストップ、セイコーマート、セブンイレブンです。

しかし、セブンイレブンは残念ながらごく一部の店舗でしか取り扱っていないので
店舗ごとに確認が必要です。

また、取り扱っているコンビニで購入する時は
普通の商品のように棚に陳列されていないので
直接店員さんに声を掛けて購入しましょう。

また、ローソンとミニストップでは店内に郵便ポストが設置されているので
コンビニ内でスマートレターに住所などを書けば
すぐに投函できる仕組みになっています。

 

ですが、現在のところコンビニでの取り扱いはないようです。

 

今後のサービス拡充を待ちたいところです。

 

スマートレターの追跡はどうするの?

安く郵便物を送れるスマートレターですが、追跡番号を用いた追跡サービスはありません

その理由の一端は、スマートレターが安すぎることにあります。

 

北海道から沖縄までどこでも180円という安さですが
追跡サービスという手間のかかるサービスを用いるには
人件費や手間を考えるとその労力に見合わなくなります。

 

この追跡サービスが無いことにより、フリマアプリでスマートレターを
使う時に相手にが届かず郵便事故が起こってしまっても
その商品を探すことも補償することも出来なくなります。

 

なのでスマートレターを使う時は
このようなデメリットも考慮して扱いましょう

 

関連記事の紹介

→ ネコポス丸わかりガイド!サイズ・コンビニ・追跡・日数・料金など

→ 書留早わかりナビ!追跡・料金・日数・郵便の書留など

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

yasu718

-未分類

© 2020 いろいろな出来事あれこれ Powered by AFFINGER5