未分類

所有権解除!必要書類・依頼書・車・名義変更・委任状を解説

スポンサーリンク

所有権解除をご存知でしょうか。

 

所有権解除を行うには、自動車を所有する際に手続きをするものです。

 

そんな所有権解除についてまとめてみました

 

 

所有権解除の必要書類って何?

自動車の所有権解除の手続きの際の必要書類は、

 

所有者のローン会社などに郵送する所有権解除書類交付申込書とコピーした車検証、印鑑証明書とお知らせ葉書、自動車納税証明書のコピーの5種類と、運輸支局などに提出する場合は窓口で貰える申請書と手数料納付書、旧所有者の実印が押された譲渡証明書、印鑑証明書、旧所有者の実印が押された委任状と自動車検査証、車庫証明書、代理人申請する時に限り実印が必要です。

 

また、通販会社に手続きを任せる場合の必要書類は、印鑑証明書、委任状、自動車検査証、自動車税納税証明書のコピーにローン会社から送付された所有権変更のお知らせハガキの計5点が必要です。

 

所有権解除の依頼書書き方は?

 

所有権留保解除依頼書の書き方は、車名、年式、型式、自動車登録番号、車台番号、原動機の型式の6点は、車検証を見ながら書きます。

年式の部分には、初年登録年月の年を書いておきます。

 

所有権を自分に移すか、相手に渡すのか分からないのかといった選択記入式の問いもあり、ここは分からなければ店などに問い合わせて聞く方が良いでしょう。

 

また、契約者が車検証上の名義人と異なる場合は契約者の捺印と署名が必要な部分がありますが、車両名義人の欄には必ず本人が書き、捺印を押すようにしましょう。

 

所有権解除を車で行うには?

 

クレジットで組んで車を買う時、完済するまでは車はクレジット会社のものになります。この場合は車検証の所有者の欄にもクレジット会社の名前が載ります。

 

したがって所有権解除とは、車のローンを払い終えた時、それまでの車のクレジット会社の所有する権利を外す為の手続きのことです。

 

因みにこの所有権解除の手続きをしないと、いつまでも車の所有権はクレジット会社のままになることになり車を売ることも出来ないので、クレジットを組むと必ずこの手続きを踏むこととなります。

 

所有権解除で名義変更は可能?

 

自動車の所有権解除で名義変更をする場合は、まず自動車ローンを完納し、所有権解除の手続きを済ませます。

そして通常の名義変更と同じく、陸運局にて移転登録を行います。

 

車検証に記載の住所から変更が無い場合は車庫証明は不要です。

 

呪諸変更をした場合は、通常の名義変更時に必要な書類に加えて旧使用者蘭の住所から現住所までの繋がりが確認できる住民票などの書類が必要になります。

第三者に譲渡する場合は、旧所有者のディーラーやクレジット会社から新所有者の第三者への名義変更、という流れなので、通常の名義変更と同じ方法で行います。

 

所有権解除を行うには委任状は必要?

 

所有権解除が必要になる委任状を自分で書く場合、委任状などの書面のタイトル、受任者の氏名・住所、委任項目として本人が受領の場合は「下記、自動車の所有権解除書類を間違いなく受領しました。」の点、代理人受領の場合は「下記、自動車の所有権解除書類の受領につき一切の権限を委任します。」の点と車の登録番号・車台番号に委任者の氏名・住所・電話番号、実印の押印と書類受領日または代理人への委任した日の日付、以上の項目に記入が必要となります。

 

関連記事の紹介

→ キャンピングカー早わかり!中古・新車・ショー2020・内装・レンタルなど

→ 収入印紙丸わかりナビ!種類や金額・コンビニで買える・割印など解説

→ 自動車名義変更丸わかり!書類・委任状・費用・代行・手続きなど

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

yasu718

-未分類

© 2020 いろいろな出来事あれこれ Powered by AFFINGER5