未分類

ギガファイル丸わかり!無料・危険・使い方・ダウンロードなど

スポンサーリンク

ギガファイル便を利用したことはあるでしょうか。

 

無料で使えるので便利ですが、デメリットもあるのです。

 

そんなギガファイル便についてまとめてみました。

 

ギガファイル(便)無料で使えるの?

 

ギガファイル(便)というサービスはとても便利です。

 

ネットやパソコンを使った作業をしている方だと
作業の中でデータをやり取りすることがたくさんありますよね。

 

作業をするときに必要なデータや納品など
データの移動をしなくてはいけないことはたくさんあります。

 

そんなときに便利なのがギガファイル(便)です。

 

これはネット上にファイルをアップロードして
相手にデータを無料で転送することができるものです。

 

こういったサービスは有料の場合がほとんどなんですが
ギガファイル(便)は無料なので気軽に使うことができます。

 

メールなどでは送れないような巨大な容量のデータの場合
基本的にはフラッシュメモリなどに保存して相手に渡すのが定番ではありますが
このサイトを使えばその手間もなくなります。

 

データのやり取りで困ってる方はぜひ使ってみてください。

 

ギガファイル(便)使い方は?

 

データを転送するのに便利なギガファイル(便)ですが
実際にページを見てみると使い方がわからないという方もいますよね。

 

私自身最初使ってみようと思ったときはどうすればいいかわかりませんでした。

ですが、とても簡単な方法で使うことができるんです。

 

まずギガファイル(便)のページにアクセスします。

 

そうすると、ページの中ほどにファイルをアップロードする場所がありますので
そこにドラッグ&ドロップかファイル名を指定、選択します。

 

そうするとそこの欄に自分の指定したファイルがはいりますので
あとはアップロードをするだけです。

 

アップロードが終わるとそこにURLが出ますので
そこを踏むとデータをダウンロードすることができます。

 

相手にデータを送りたい場合はこのURLを教えれば大丈夫です。

 

ダウンロードする欄が見えないからできていないと勘違いする方もいますが
これで完成なので安心してください。

 

ギガファイル(便)危険なの?

 

ギガファイル(便)は実は便利ですが
危険な面も持っているサービスでもあるんです。

 

というのも、ギガファイル(便)はセキュリティ面で
とても脆弱なものになっています。

 

ギガファイル(便)はアップロードをしたデータのURLを発行して
そこからデータとやり取りすることができるものなんですが

これにはパスワードがかけられていないものがほとんどです。

 

ですが、URLは公開されているのでランダムに
URLを探そうと思えば探せてしまうんです。

 

URLを雑に扱ったりパスワードをかけていないと
簡単にデータが漏洩してしまいます。

 

漏洩してもいいようなデータであれば問題ないですが
個人情報であったり会社の情報をこのサービスを使って
やり取りするのはとても危険です。

 

機密性を高めなくてはいけない情報につきましては
ギガファイル(便)を使うのはやめましょう。

 

ギガファイル(便)ダウンロード方法は?

 

ギガファイル(便)はアップロードをするだけではもちろんなく
ダウンロードをすることもできる便利なサービスです。

 

どうやってデータをダウンロードするかというと
アップロードした際に出てくるURLにアクセスするだけです

 

そうするとデータをアップロードすることができます。
とても簡単ですよね。

 

ただしデータをダウンロードできないパターンが2つあります。
一つ目がパスワードです。

 

ギガファイル(便)にはダウンロードする際に
パスワードを設定することができます。

 

設定されている場合はダウンロードする際に
パスワードを入力する必要があります。

 

もう一つはダウンロード期限です。

ギガファイル(便)はアップロードしてから7日間の間ダウンロードできます。
ですので、URLを持っていても期限が過ぎているものは使うことができません。

 

ギガファイル(便)とは

 

ギガファイル(便)とは、簡単に言うと無料で使えるファイル転送サービスです

 

容量無制限を宣伝していますが、1ファイル100ギガを限度に
ファイルを転送することができます。

 

ファイルを転送する数はもちろん無制限なので
ほとんど制限なくデータを送ることができます。

 

このサービスを使う方法もとても簡単で、ギガファイル(便)のwebページに
アクセスしてファイルをアップロードするだけです。

 

そうするとURLが発行されるので、それにアクセスすることで
データをアップロードすることができます。

 

私もデータが大きすぎてデータを送れないときは
このサービスをよく利用しています。

 

とても簡単でパソコン操作さえできれば誰でも使えるので素晴らしいです。
データ容量が大きすぎて相手に送れなくて困っている方はぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

yasu718

-未分類

© 2020 いろいろな出来事あれこれ Powered by AFFINGER5