未分類

餃子ナビ!通販・レシピ・焼き方・包み方・作り方など

スポンサーリンク

餃子といえば、子供からご年配の方まで誰もが知っている中華メニューですよね。

 

小麦粉の皮で、具を包み焼くことで美味しい料理になります。

 

そんな餃子についてまとめてみました。

 

 

餃子の通販はどこがおすすめ?

 

中華の中でも家庭でもよく食べられる餃子、好きな方も多いメニューですが
たまには本格的なものを食べたいですよね。

 

お店に足を運ぶのもいいですが、有名店の餃子を食べたいけど
場所が遠い場合はなかなか難しいです。

 

そんな時に便利なのが通販です。

 

例えば宇都宮餃子館という人気店には
公式の通販ショップがあります。

 

このサイトを使うと通販でお店で食べられる
レベルの餃子を食べることができるのでおすすめです。

 

私もとても餃子が好きでよく食べるんですが
どうしても自分で作るものだと毎回味が
同じようなものになってしまいます。

そんな時にプロが作った餃子を通販で頼むと
また違った餃子を楽しむことができるので
通販はとっても重宝しています。

 

餃子の変わりだねレシピは?

 

中華の定番レシピのひとつである餃子
おいしくて私もよく食べますが
餃子といっても色んなレシピがあります。

 

レシピによっても味が全然違ってきますし
好みも結構分かれますね。

 

そこで、餃子のレシピをいくつか紹介していきたいと思います。

 

1つ目は定番の餃子

これはみりんやウスターソースを挽肉に混ぜ
ニラをみじん切りして混ぜて皮で包んで焼くだけです。
定番ですがやっぱり安定した美味しさがあります。

 

2つ目はカレー餃子です。

 

作り方は基本的に同じですが種を作る過程で
カレー粉を入れることによってカレー風味の餃子になります。

普通の餃子の味に飽きてきた人で
カレーが好きな人にはお勧めの餃子です。

それ以外にも定番の餃子をアレンジしてにんにくを効かせてみたり
白菜を入れてみたりすると、さらに味わいが変わっておいしいですよ。

ぜひ試してみてください。

 

餃子の作り方は?

 

餃子を食べたいと思った時
本格的な物を食べるならやっぱりお店が一番です。

 

また、手軽に食べるなら最近では冷凍食品もかなり優秀です。

それでも自分で作った出来立ての餃子もとてもおいしいです。

 

ですが、自分で作れなかったり意外とレシピも知らない方も少なくありません。
自分で作らなくても食べる方法はたくさんありますからね。

 

そこで餃子のレシピを簡単に紹介したいと思います。

 

ニラとキャベツをみじん切りにし、レンジで2分ほど加熱します。
豚ひき肉にみりん、ウスターソース、お酒、ごま油、鶏がらスープの素を入れてこねます。

 

よく混ざり粘り気が出てきたら、餃子の皮に包んで上げます。
あとは火加減を中火くらいにしたフライパンで焼くだけです。
途中お湯を入れて蒸し焼きにし、水分がなくなったら出来上がりです。

私もこのレシピをよく使いますが
簡単に作れておいしいのでぜひやってみてください。

 

餃子の焼き方はどうしたら美味しくなる?

 

餃子がおいしいかどうかは餃子の種で決まる。
これは間違ってはいませんが、焼き方でも美味しさは全然違ってきます。

 

私も最初は色々な餃子の種のレシピを作ってみていたんですが
焼き方が間違っていたのでおいしくできませんでした。

逆にいうと、焼き方を変えただけで簡単においしくできちゃうんです。

 

焼き方は5つの工程に分かれていて

 

step
1
1、餃子を入れる前に鍋に油をたっぷりひく。 2、鍋を完全に熱したら餃子を入れます。 3、餃子にしっかり焼き目を付けたらお湯を入れて蒸し焼きにする。

この工程を守ることで簡単に餃子をおいしく作ることができますよ。

私の場合は、油を薄く引きすぎてうまく焼けていませんでした。

最初に焼く時は揚げ焼きの要領で料理すると上手にできますよ。

ぜひやってみてください。

 

餃子の正しい包み方とは?

 

餃子を作るときに意外と苦戦しがちなのが皮を包む作業です。

 

私は餃子は好きなんですが、以前はあまり家で作りませんでした。
その理由がこの餃子の皮です。

 

種を作るのは簡単なんで大丈夫ですが
いつも皮を包むところで失敗してしまい
出来上がりが上手にできませんでした。

 

ですが、簡単なコツを抑えることで
おいしい餃子を作ることができるようになったので
餃子の包み方を今回は伝授していきたいと思います。

 

まず、皮の中心に具材を置きます。

 

具材の量としては、伸ばした時にだいたい皮よりも一回り
小さくなる程度の量を乗せます。

 

次に、半分に折りたたんで右端をつまみその少し左をつまんで寄せ
ひだを作ってあげます。

あとはこれを左端に行くまで繰り返していくだけです。

 

あまりに力を入れすぎてしまうと
皮が切れてしまうこともあるので注意してくださいね。

 

私も最初の頃は皮が切れてしまいましたが
慣れてくると上手に包めるようになるので練習あるのみです。

 

関連記事の紹介

→ ほか弁早わかり!メニュー・店舗・宅配・オードブル・配達など

→ 出前ならこれでOK!検索・アプリ・ピザ・おすすめ・宅配など

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

yasu718

-未分類

© 2020 いろいろな出来事あれこれ Powered by AFFINGER5