未分類

睡眠早わかり!障害・時間・改善室・質・疲労など

スポンサーリンク

睡眠といえば、毎日の生活に欠かせないリズムですよね。

 

快適な睡眠をとることができれば、体のリズムを整え、張りのある生活を送ることも可能です。

 

そんな睡眠についてまとめてみました。

 

 

 

睡眠の障害どんな弊害がある?

 

健康のためはもちろん、学業や仕事への集中力は大切です。
そんな集中力を守っているのが睡眠です。

 

正しい時間に睡眠を取ることで、昼間にやらなければいけない作業への集中力を
最大限高めることができます。

 

ですが、ストレスや生活習慣の乱れから睡眠障害が
起こってしまうと昼間の生活に大きな影響を与えてしまうんです

 

睡眠障害とは具体的にどんな症状かというと
不眠症はもちろんのこと、昼間にずっと眠い状態が続いたり
寝なければいけない時間に全く眠くならないなどが睡眠障害になります。

 

寝れないこと、眠くならないことのすべてが睡眠障害ではないんですが
現代社会で睡眠に悩みを持っている人は多く
その悩みの原因が睡眠障害なことが多いです。

 

現在日本では、だいたい五人に一人が不眠に悩んでいて
日本の国民病として問題視する声もあるくらいです。

 

睡眠の時間はどれくらいが理想?

 

睡眠を取るうえで睡眠時間は大切な要素の一つになってきます。

 

最近では若い人も夜更かしをする人が多く
仕事をしている方も遅くまで残業して寝るのが
遅くなるなんてことはよくあります。

 

これをずっとしていると慢性的に
睡眠時間が短くなってしまいます。

 

基本的に睡眠時間は大体7時間ほど
取ればいいとなっています

 

睡眠時間がなぜ7時間がいいか、7時間がいいなら
その時間帯にぴったり起きなくてはいけないのかと疑問が残ります。

 

実は人間が睡眠を取って自然に起きる時間が7時間くらいなんです。

 

ですので、無理をして7時間で起きるのではなく
勝手に起きるのが理想なんですが
7時間以外の時間で起きる方も多いと思います。

 

この7時間というのは、良質な睡眠を正しい時間に
できているかが問題になってきます。

 

いい睡眠ができていれば問題なく7時間で起床できるんです。

 

ただ、個人差がありますし、人によってはもう少し短い人もいます。

まずは睡眠の質をあげて、自分が一番気持ちよくなれる
睡眠時間を調べてみるのもいいですね。

 

睡眠改善ができる方法とは

 

睡眠の質が悪い人が現代ではとても多いです。

 

特に日本は最近こそ減ってきましたが
残業をするのが偉いという風習があったり
若者も遅くまで起きる習慣が付いている人が多いです。

 

これをしているとどうしても睡眠の質が落ちてしまいますし
気持ちよく眠る、睡眠で疲れを取ることができなくなってしまいます。

 

ですので、いい睡眠をするために睡眠自体を改善する必要があります。

そこで、睡眠を改善するための方法を紹介します。

 

朝の運動

日中運動すると夜の睡眠の質が上げる効果があるんです。

ですので、朝仕事に行く前に、少し散歩をするなどの
運動を取るのが睡眠の質を上げてくれます。

朝が難しい方はお昼でもいいですし
長時間運動する必要もありません

軽い運動でもいいので、毎日の習慣にすると
睡眠の質が向上していきます。

 

朝起きたら日を浴びる

朝日は体内時計をリセットする効果があります。

体が朝を正しく認識することで
夜に自然と眠気がくるようになります。

日中眠くて起き上がれないという方も
とりあえず朝日だけでも浴びておくといいですよ。

 

昼寝をしすぎない

昼寝は昼間の集中を上げてくれるのでとてもいいですが
寝すぎてしまうと夜寝れなくなってしまいます。

昼寝をするときは5分から10分
長くても30分程度にしておくのがいいです。

これらをやると睡眠の質が改善しますのでぜひやってみてください。

 

睡眠の質を向上するにはあれが効果的

 

睡眠が好きという方にありがちなんですが
睡眠をもちろん、睡眠が短いと体に悪影響ですが
長すぎても体には毒なんです。

 

睡眠は個人差もありますが
だいたい7時間ほど取るのがベストとされています。

 

ですので、この時間の中できちんと
体をリフレッシュする必要があります。

 

そのためには睡眠の質が大切になってきます。

 

睡眠の質はどうすれば上がるか
まず一番に大切なことは朝日を浴びることです。

 

人間の体内時計は24時間ぴったりにできていないので
日の光を浴びて体内時計をリセットしないとどんどんズレが生じてきます。
それが長期間続くと睡眠のリズムが崩れてしまうというわけです。

 

ですので、まず起きたらカーテンを開けて
朝日を浴びることを心がけましょう。

 

それ以外には寝る前の入浴が効果的です。

 

入浴はリラックス効果もありますし
体温を適度に上げてくれます。

 

体が冷え切った状態ではなかなか寝付けませんが
お風呂に入ることでぽかぽか体が温まった状態のまま
布団に入ることができます。

 

睡眠の質を改善したい方はこの二つから実践してみるといいと思いますよ。
長くしすぎる人がいます。

 

睡眠によって疲労は改善できる?

 

日常生活で疲労を感じることはたくさんあります。

 

運動したとはもちろん、学業での疲れや仕事でのストレス
生活していると疲労を感じることはたくさんあります。

 

ですが、これをため込んでいると精神衛生がよくないので
常にストレスを発散、疲労を回復させる必要があります。

 

そこで大切なのが睡眠です。

 

睡眠は体のメンテナンスをする時間なので
この時間が短かったり質が悪いと逆に疲労がたまってしまいます。

 

毎日疲れた感じがするという方もいますよね。

 

私自身、睡眠を改善する前は寝ても疲れる
前日の仕事の疲れが残っていることも少なくありませんでした。

 

ですが、睡眠を改善することで、寝るたびに感じていた疲労が感じなくなり
今では毎日快適に睡眠ができています。

 

寝ても疲労を感じる方はまず自分の睡眠の質を
改善してみるのがいいと思いますよ。

 

関連記事の紹介

→ カーブス早わかり!料金・店舗・口コミ・効果・営業時間など

→ ユニクロ早わかり!チラシ・店舗・Tシャツ・営業時間・オンラインストアを解説

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

yasu718

-未分類

© 2020 いろいろな出来事あれこれ Powered by AFFINGER5