未分類

ケーズデンキ早わかりガイド!チラシ・営業時間・店舗の特徴・お得な通販使い方・あんな裏技も

スポンサーリンク

ケーズデンキといえば、他の家電販売サイト(会社)例えばジョーシン、ヤマダ電機などと並ぶ大手の家電販売会社といえます。

 

また、全国に数多くの店舗を展開していて、家電をはじめ携帯、スマホなども取り扱いがあります。

 

そんなケーズデンキについてまとめてみました。

 

ケーズデンキのチラシ特徴は? お得?

ケーズデンキのオンラインショップでは、今週のチラシ掲載お買い得商品というカテゴリーがあり、その週のチラシに掲載されたお得な商品の一覧と詳細が見られるようになっており、通販でお買い求めも出来ます。

 

中には店頭受け取りが可能な商品や送料無料な電化製品などもあります。電子レンジといったワット数など、関東・関西により異なる商品もその旨が一目で分かるように掲載されています。他のサイトと同じく、レビューも載っているので、購入するときに参考になります。

 

 

ケーズデンキの営業時間は何時まで?

ケーズデンキの元旦の営業時間については、2009年より全店定休日に定めています。ケーズデンキは省エネを経営の重要課題として認識しており、その取り組みの内の1つとして、来年(2009年)から元日を全店の定休日にする」と説明しました。

 

同社の試算では、元日を休みにすることで337トンの二酸化炭素削減が見込めるということです。元旦を含め家電量販店は年中無休という認識もありますが、元旦に営業しない企業はヤマダ電機に続いて2社目だそうです。

 

ケーズデンキの店舗にはこんな特徴がある

ケーズデンキのオンラインショップと店舗との品ぞろえは異なるそうなので、探している商品は直接問い合わせ窓口に連絡すると探してくれたり、手配してくれたり確認してくれるそうです。

 

ケーズデンキの店舗は全国述べ500店舗を超え、これを活用することで近隣店舗から商品の発送をしてくれますが、在庫が全ての店舗で無い場合、メーカーからの直接取り寄せとなり、通常より時間のかかる場合があります。

 

 

ケーズデンキ通販の特徴から使い方など

ケーズデンキの通販サイトのオンラインショップでは、注文した商品を希望する店舗のケーズデンキで受け取ることも可能となっています。

 

個人の都合のいい日時に受け取ることが出来るため、宅配便で商品を受け取ることが難しい人にもおすすめされています。

 

しかし、店舗受け取りの対象外の商品も存在するので、あらかじめ確認することが必要になっています。商品代金は店舗店頭での支払いとなり、現金とクレジットカードは使用可能になっています。

 

ケーズデンキのネット利用お得な使い方は?あの裏技も

ケーズデンキ(ケーズ電気)で電化製品といった商品をより安く買うためには、あらかじめネットで目当ての商品の価格を調べ、それを目標の値段として設定し、実際の店舗の社員と価格交渉する手もあります。

 

それでも値引きしてくれないときは、他の企業の値段や、他の電気屋で買うといって危機感を煽ることも更にお安く買うための一手と言われています。

 

また、他の商品と同時購入して購入する気持ちを出して少し安心させることで、よりお安くなることもあります。

 

関連記事の紹介

→ ジョーシン早わかり!店舗・営業時間・チラシ・カード・アウトレットを解説

→ ソフマップ買取早わかり!店舗・iphone・ゲーム買取・クーポン利用も

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

yasu718

-未分類

© 2020 いろいろな出来事あれこれ Powered by AFFINGER5