未分類

石井洋介の正体!偏差値30→外科医へ【笑ってこらえて2時間SP】

スポンサーリンク

10月7日放送の笑ってこらえて!2時間SPでは外科医の「石井洋介」さんにスポットを当てています。

 

幼少のころ、潰瘍性大腸炎を患い、19歳に大腸を全摘出して人口肛門にしたのですがその時に出会った医師に憧れ医師を目指します。

 

その後もいろんな人生を送るのですが、そんな石井洋介さんについてまとめてみます。

 

石井洋介さんのプロフィール

 

名前: 石井洋介(いしいようすけ)

年齢:  40歳

出身地: 神奈川県横浜市

職業:   医師

 


石井洋介医師としての活動

石井医師は、高校の時に潰瘍性大腸を患い、19歳の時に人口肛門をつけるのですがその際に人口肛門に絶望して当時は珍しかった人口肛門を閉じる出術をする医師に出会い、その後、手術に成功してその医師に感銘を受ける。

 

その後は高知大学医学部を卒業、近森病院で初研修医として働き始める。

 

2012年には、自身も手術を行い感銘を受けた 横浜市立市民病院で消化器外科医として働き始めます。

 

その時に感じたのは、早期にガンを発見することで救える命があるのに自身の便に興味がないため早期に発見する機会が少ないとの理由から、ゲームなら便に興味を持ってもらえるかも・・・と思いスマートフォンのゲームを開発することを決めます。

 

偏差値30から医師へ

石井さんは、高校のころ医師を目指すわけですが、そんなに勉強に興味があったわけではなくて偏差値も当時は30くらいだったといいます。

そんな中で、医師を目指すわけですがそこから猛勉強をして高知大学医学部に入学します。

 

大学では一生懸命に勉強をしながら青春を謳歌していたといい、大学卒業後は念願の横浜市立市民病院での勤務をはじめ、厚労省での勤務をしたり、スマートフォンゲーム「うんコレ」の開発をしたりと多方面において活動をしています。

 

石井洋介さんの高校は? どこの高校を卒業している?

 

石井洋介さんは、中学を川崎市で過ごし、高校は埼玉にある私立の進学校を卒業したとの記載があります。

 

具体的に高校名までは記載されていませんが、埼玉にある私立の進学校とのことです。

 

いろいろ調べてみたのですがそれ以上の情報は見当たらなかったので今後わかり次第更新をしていきます。

 

まとめ

安倍元首相も同じ病気でした、潰瘍性大腸炎に石井さんは高校の時に患っておりこの病気の苦しさ、大変さがわかるといいます。

 

現在は、さまざまな活動を通して早期に病気に気づくことができる、治療することができるようにがんばっておられます。

 

笑ってこらえて2時間SPでは、そんな石井洋介さんに注目をして放送をしております。

 

今後のますますのご活躍をお祈りしております。

 

関連記事の紹介

→ 笑ってこらえて! ダーツの旅  滋賀県日野町の良さとは 観光場所やグルメ

 

 

 

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

yasu718

-未分類

© 2020 いろいろな出来事あれこれ Powered by AFFINGER5