未分類

半沢直樹2脚本は丑尾 健太郎!あの話題作の脚本も

スポンサーリンク

日曜の夜に話題のドラマといえば「半沢直樹2」ですよね。

 

前回のドラマでも話題になった半沢のセリフ・・・

 

「やられたらやり返す!倍返しだ」

 

ですよね。

 

そんな半沢直樹のドラマが再び帰ってきました。

 

その半沢直樹2の脚本を担当しているのが、丑尾 健太郎(うしおけんたろう)さんです

丑尾 健太郎さんについてまとめてみました。

 

半沢直樹2の脚本家 丑尾 健太郎とは

日曜の夜に話題のドラマといえば、半沢直樹でしょう。

 

その半沢直樹の脚本を担当しているのが、丑尾 健太郎さんです。

 

知っているという方は少ないのではないでしょうか。

 

では、丑尾 健太郎さんの簡単なプロフィールを紹介します。

 

名前:    丑尾 健太郎(うしおけんたろう)

生年月日:   1976年

出身地:   愛媛県

職業:    脚本家

 

経歴:  過去に担当したドラマ一覧(1部省略しています)

 

・ 未来はボクらの手の中に   ※ジャニーズJR時代の桐山照史、中間淳太が共演


・ ショムニ2013     ※江角マキコの代表作


・ 小さな巨人    ※2017年放送 日曜劇場 長谷川博己出演


・ ブラックペアン  ※嵐の二宮演じる天才外科医の物語 竹内涼真や内野正陽などと共演


・ 下町ロケット   ※池井戸潤原作 阿部寛出演で話題の日曜劇場


・ ノーサイド・ゲーム  ※大泉洋出演 日曜劇場放送 ラグビーが話題に



などです。(他にもあり)

 

他にも映画や舞台の脚本も担当しています。

 

これらの話題になったドラマの脚本を多く担当したのが丑尾 健太郎さんです。

 

前作半沢直樹の脚本担当から丑尾 健太郎さんへ変更

元々、前作の半沢直樹の脚本は、「八津弘之さん」が担当をしておりましたが

今回の半沢直樹2では、丑尾 健太郎さんへ変更をしています。

 

詳しい経緯はわかりませんが、よりドラマを面白くするためなのでしょう。

 

 

原作は池井戸潤さん

原作を担当しているのが、池井戸潤さんです。

 

この半沢直樹をはじめ、数多くの人気ドラマの原作を書かれた方です。

 

簡単なプロフィールを紹介します。

 

名前:   池井戸潤(いけいど じゅん)

出身地:  岐阜県

生年月日: 1963年 57歳

 

やはり代表作といえば、「下町ロケット」でしょうか。 この下町ロケットで145回直木賞を受賞しています。

 

 

SNS上の評判や感想など

 

 

半沢直樹の三つの信条とは?

半沢直樹2の中の名セリフといえば、3つの信条だと思います。

 

1・正しい事を正しいと言える事

2・組織の常識と世間の常識が一致している事

3・ひたむきに誠実に働いた者がきちんと評価される事

 

確かに合っていると感じますね。

 

 

 

まとめ

 

この半沢直樹ですが、脚本に丑尾 健太郎さん、原作が池井戸潤さんということで黄金タッグのような形とも

いえますが視聴率も良いようで今後の展開が楽しみです。

 

関連記事の紹介

→  13ドラマ脚本は浅野妙子!キムタクで話題のあの名ドラマの脚本も

→  SUITS(スーツ)シーズン2の脚本は小峯裕之 音楽は眞鍋昭大

 

 

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

yasu718

-未分類

© 2020 いろいろな出来事あれこれ Powered by AFFINGER5